劣等星 - 鴉の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
劣等星  ♪ 
作詞 : 近野淳一
作曲 : 近野淳一

君に何が僕に何が言えたのだろうか
今宵空は瞬きます 星座を担って
君に何が僕に何ができたのだろうか
今宵空に新しく星座をなぞって
頷く 劣等生

できないことほど目立ちたがりやで
時折よぎる自信すら霞んでしまうけど
選ばれなくても輝き続けよう
皆同じ光としてあるのだから

満たせない夜空に放たれた
誰もが心の隙間 怯えています

君に何が僕に何が言えたのだろうか
今宵空は呼んでいます 星座を歌って
君に何が僕に何ができたのだろうか
今宵空に定められた星座をほどいて
見惚れる 劣等生

やるせない思いで歩いてる
誰もが心の隙間 躓きながら

君に何が僕に何が見えるのだろうか
今宵空は瞬きます 星座を担って
君に何が僕に何ができるのだろうか
今宵空に新しく星座をなぞって
自分自身 描いたのさ
名付けて 劣等星


ミニ情報
アルバム「天使と悪魔」収録曲
鴉の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
劣等星/鴉の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ