季節外れ 鴉 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
季節外れ  ♪ 
作詞 : 近野淳一
作曲 : 近野淳一

この空も この僕も 誰かの景色さ
届かなくとも 触れなくとも 道は連れてゆく

ここが日曜日 胸の奥底を泳ぐ 秘密のメロディ
その誘惑には勝てない気がして 窓を眺めた

季節外れの部屋 わたしは一人
止まった時計のような心をうたうよ
季節流れ何処へ行ったのだろうか
止まった時計のようなわたしを置いていかないで

この歌 この僕 誰かの景色でしかない
間違いでも構わないから
「どんな色してますか?」

明日 日曜日 全てに鍵をかけられ 歪な安堵を
そんな取引に応えるものかと 窓を眺めて

季節外れの部屋 わたしは一人
もういないはずなのに 問いかけないで

季節外れの部屋 わたしは一人
止まった時計のような心をうたうよ
季節流れどこへいったのだろうか
止まった時計のようなわたしを置いていかないで


ミニ情報
アルバム「天使と悪魔」収録曲
鴉の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鴉「季節外れ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ