あの日の少年 - GLAYの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GLAY
公式サイト
あの日の少年  ♪  GLAY
作詞 : TAKURO
作曲 : TAKURO

青空を両手でつかまえようとしてた
誰も気に留めずに理解も求めずに
たくさんの誤解はむしろ力になった
切ない雨の日は太陽を待ちながら

狂いだすこの地球(ほし)の上でまた春の訪れ
変わらないものを探して
あの日のままで夢を描くよ 雪混じり春の風が吹き始める

今日もあの日の少年は線路沿い歩きながら
限りないあなたの優しさ 今も恋しい
大人はねぇ 少しだけ損ね 思い切り泣けないの
そうつぶやいたそのすぐ後であなたは泣いていた

輝き続けている星の命に限りがあると流行歌(うた)は教えてくれた

いつでも人の目を気にして生きて来た
近頃は言い訳なんだか増えたよなぁ...

嘯いた言葉の裏で悲鳴をあげている
「幸せを秤にかけて生きてゆくのは身体に毒よ」
遠い空あなたに叱られたようで

そしてあの日の少年は幾つもの靴を潰し
自分らしい形をやっとみつけたようだね
決して派手ではなく誰にも気にも留められない
それでいいさ それがいいさ あなたは頷いた

張り詰めた日々の中守ってくれた その愛が痛いほど 今はわかるよ

今日もあの日の少年は青空を見上げながら
柔らかな小さな掌繋ぎ歩いてる
時々立ち止まり僕は一人思い返すよ
別れの駅 あなたに誓った日

「貧しさを唄に代え愛してくれた
その意志を大切に次に繋ぐよ」


GLAYの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
あの日の少年/GLAYの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ