サクラノアメモエギノヨ - KOTOKOの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

サクラノアメモエギノヨ-KOTOKO
Jword KOTOKO
公式サイト

サクラノアメモエギノヨ

 ♪ 

KOTOKO

作詞 : KOTOKO
作曲 : 齋藤真也

またね…と差し出す君の手を
ウソだと知ってて握りかえす
季節ごとに色を変える 桜の木の下で別れた
信じてると言った言葉が
何より信じられなくなった
移ろうのは人の心
季節のせいなんかじゃなくて

サクライロの雨
この視界ごと濡らして
何もかもかき消して 終わらせて
強がる背中に羽を見た 今は昔
痛みだけ甦る
攫(さら)われて深く 永遠に続く川へ
木の葉のよう 手足さえ揺らめいて
何処へ行くのだろう?
天地の感覚も失ったこの三叉路をいつか見た気がして
立ち尽くした…

「オヤスミ」って閉じたやりとりも
律儀な君のせいでもう一通
優しい日々は脆(もろ)すぎて
花びらのように風に舞うよ
新しい靴を今日買ったよ。と 瞳を輝かせ笑う君に
何故か胸騒ぎ覚えた
あの日に戻れたら良いのに…

モエギイロの夜
少しずつ熱を帯びた
宵闇は感覚を狂わせて
聞こえないふりで眠りにつけば
幸せの呪文がまた甦る
願ってた 強く
これが夢だと言うのなら
覚めないで このままで終わらせて
命と言う名を誰かがつけた時計の秒針が
カタリと音をたて 叫んでいた

君の後ろ姿さえ 明日への希望に思えた日を
幻にしないように 瞼へと刻んだサヨナラ

サクライロの雨
この涙 塗りつぶして
もう二度と昨日など見ないよう
強がる背中が空を見てたのは確か
あの日々は輝いて
羽(は)が落ちた今も萌葱の風は吹くから
潤ませた追憶を羽ばたかせ
誠実と夢を心のつぼみと抱いて
立ち上がり見上げた三叉路で
雲が切れた…


ミニ情報
アルバム「空中パズル」収録曲
KOTOKOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
S×W -soul world-
PLASMIC FIRE
ZoNE-iT
call
TOUGH INTENTION
ARCH
My-Les
WING OF ZERO-the ring-
空中パズル
frozen fir tree
サクラノアメモエギノヨ/KOTOKOの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ