孤独へのシグナル UNLIMITS 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

UNLIMITS
公式サイト
孤独へのシグナル  ♪  UNLIMITS
作詞 : 郡島陽子
作曲 : 清水葉子

一度だけ掛け違えた心には 小さな闇があった
「退屈」に臆病になっているのは きっと君もそうだろう

誰も知らない すれ違いの現実の中
重なる小さなウソが傷を深める

下弦の月の光が僕の底に染み込んでいく
君の手に触れていても越えられない この境界線

君にさえ息を殺しているのは 孤独へのシグナル
どこからか忍び寄る不安に 身を埋める

人混みの中 目を閉じたら一人ぼっちで
寂しさが鮮やかに 込み上げてくる

下弦の月の光が僕の底に染み込んでいく
君の手に触れていても満たされない この僕の心

繰り返していく
また朝に溶けていく


UNLIMITSの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
UNLIMITS「孤独へのシグナル」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ