ハレーション SKE48(セレクション8) 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ハレーション  ♪  SKE48(セレクション8)
作詞 : 秋元康
作曲 : 森脇正敏

街角で偶然 君を見かけたよ
僕の知らない君だった
何人か男の子たち引き連れて
声を立てて笑った

僕の前では大人しいコなのに
まるで違う野良猫みたいな眼差し

この愛しさがハレーション
心がちょっと見えにくい
そう イメージが飛ぶくらい
眩しい君にお手上げさ
本当は(どっち?)
虫も殺さないのか?(殺せないのか?)
意外な(君を)
すべて愛したくなる

束ねてた髪留め ふいに外したら
もっとクールな顔だった
建前で猫を被っていたんだね
君が遠くに見える

愛は角度でかたちが変わるんだ
あれもこれも確かに君だろうと思う

今 すれ違うハレーション
記憶と現実 重なって
ねえ 一瞬の輝きに
いきなり瞳 奪われた
間違いは(言える?)
何も知らない僕さ(振り回される)
真っ白い(未来)
何か覗きたくなる

この愛しさがハレーション
心がちょっと見えにくい
そう イメージが飛ぶくらい
眩しい君にお手上げさ
本当は(どっち?)
虫も殺さないのか?(殺せないのか?)
意外な(君を)
すべて愛したくなる


SKE48(セレクション8)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SKE48(セレクション8)「ハレーション」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ