木漏れ日色の記憶 - ChouChoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

木漏れ日色の記憶  ♪  ChouCho
作詞 : こだまさおり
作曲 : 矢吹香那

ぽつりと呟いたのは 本音ともつかないような
心のすぐ手前でまだ 揺れている戸惑い

時々僕たちは やるせない思いで 何かを許して
胸に吹いた風の 愛しさを知っていく

どうしてこんなにわかりたくて
ねえ、どうして傷ついてしまうんだろう
まだ全てが木漏れ日の中で 明日を探している

待たせてしまってるのは 変わりたい自分なのかも
君は何も言わないけど 感じはじめてるね

その背中をいつか 見失うとしても きっと大丈夫
つないだ温もりは ひとりじゃない記憶

どうしてこんなにもがいてるのか
でも、こうして無邪気に笑ってもいる
今がずっと続いてく先で 答えが見つかるかな

どうしてこんなにわかりたくて
ねえ、どうして傷ついてしまうんだろう
まだ全てが木漏れ日の中で 明日を探している

どうしてこんなにもがいてるのか
でも、こうして無邪気に笑ってもいる
今がずっと続いてく先で 懐かしく思い出す
木漏れ日色の記憶


ミニ情報
アルバム「flyleaf」収録曲
ChouChoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
木漏れ日色の記憶/ChouChoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ