また、めぐり逢うために 野口五郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

野口五郎
公式サイト
また、めぐり逢うために  ♪  野口五郎
作詞 : ちあき哲也
作曲 : すぎもとまさと

暫くでいい暇をくれ
深い訳などないのさ
胸でのたうち続けるもうひとりの俺
嵐(かぜ)に放ちに行くだけ…
うわの宙(そら)の近頃何かと疑っていたのは
薄々、空気で読めた…

ばかは止せよ
おまえと暮らしどんなに感謝しているか
めぐり遭えて生きる楽しさ教えてもらった
普段通り待っていてほしい心を定めてみるまで

仕事しかない明け暮れは
塵が日増しに積もるよ
今日も歩かず来た人生(みち)
もうひとりの俺、未練がましく悔やんだ…
こんなどちらつかずのおまえも護れないやつでは
つれ添う資格もないね…

今は哭(な)くな
女にすれば愚かな思い込みだろう
解れだとか言ったところで解りはすまいさ
行方なんかどこか知れないが
ともかく行かねばならない

庭をごらん
緑の樹々は 永遠(とこしえ)、色褪せはしない
ひとの絆(いと)も常に緑と信じておいでよ
帰る日こそ確(しか)と抱いてやる
確かさ掴んだ、この掌で……


野口五郎の新着歌詞を見る⇒
野口五郎の人気歌詞を見る⇒
野口五郎「また、めぐり逢うために」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ