お米のおはなし - 川越シェフの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

川越シェフ
公式サイト
お米のおはなし  ♪  川越シェフ
作詞 : 徳井義実
作曲 : ShAbo

春の陽差しに芽吹いた君を となりで感じた米ひとり
夏の太陽と雨のシャワー たっぷり浴びて大きくなって

恋する季節の君と僕

秋になれば二人 離れ離れになって
秋になれば二人 それぞれの道炊かれてく

風に揺れる素敵な君を 眺めて過ごす米ひとり
眩しい朝とロマンティックな夜 何度も越えて黄金色

輝く季節の君と僕

あぁ神様お願い 同じお皿にいさせて
チャーハンでもいいパエリヤでも
いつまでも一緒にいられるように

いつも僕は想うよ 白くふっくらと温かい君を
いつでも僕は想うよ 優しい君の香りを

ずっとずっと忘れない

あぁ神様お願い 同じお皿にいさせて
あぁ願い叶うなら 二人寄り添い一つのおにぎり

秋になれば二人 離れ離れになって
秋になれば二人 それぞれの道をそれぞれに炊かれてく

いつも僕のとなりで 幸せくれてありがとう
春の陽差しに芽吹いた君を いつまでもいつまでも love you


川越シェフの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
お米のおはなし/川越シェフの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ