十六夜の月の下で - 田村直美の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

十六夜の月の下で-田村直美
Jword 田村直美
公式サイト
十六夜の月の下で  ♪  田村直美
作詞 : 稲葉エミ
作曲 : やしきん

聴かせて 更紗(さらさ)の風
最果ての空は何色
爪先 触れた蕾
今 進むか戻るのか

瞳閉じれば
光射す楽園
泥濘(ぬかるみ)にもがく日を越えて
辿り着く

嗚呼 命 たぎらせて
戦いは続く 遥か彼方
旅は終わらない
十六夜(いざよい)の月が導くままに
今日の足枷
明日の翼に変えよう
流れる血 高鳴る鼓動は
生きるため

誰もが 時の轍(わだち)
はぐれても 同じ行き先
心に 希望の原石(いし)
捨てるか 握りしめるか

選択肢なら
幾千通りもあるはず
茨の道を走る
傷も誇らしく

嗚呼 身体 震わせて
勝ちたいと願う 強く高く
大地 蹴り上げて
永久(とこしえ)の虹が始まる場所へ
こぼした涙
許しの海へ注いでも
熱い頬 消えない記憶は
生きるため

星も眠る夜に
迷う日もあるけど
陽はまた昇り
小鳥は歌い
風は舞う

嗚呼…
命 たぎらせて
戦いは続く 遥か彼方
旅は終わらない
十六夜(いざよい)の月が導くままに
今日の足枷
明日の翼 勇気に変え
流れる血 高鳴る鼓動は
生きるため


田村直美の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
真聖輝のメタモルフォシス duet.ver
命のうたが聞こえる
ゆずれない願い
十六夜の月の下で/田村直美の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ