平熱 - 中村中の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

中村中
公式サイト
平熱  ♪  中村中
作詞 : 中村中
作曲 : 中村中

確か去年の今頃だった。
仕事も忙しくなくて。
散らかった部屋を片付けても、胸の中は散らかるばかりで。
傾いた夕陽に、傾いた部屋から、もうどれくらい出てないんだろう。

普通の事って難しいね。
自分の為だけの日々は、退屈だな。

借りたまんまのあの漫画が今年、映画化されるって。
「ショートヘアーのヒロインがイメージと少し違う」って、あの娘なら
そうつぶやくんだろうな。
…そんな事を思い出してる。

普通の事って難しいね。
「そうだね」って、誰が相槌を返すのかな。

古い仲間に聞いたんだ。
「あいつ、結婚する」ってさ。
過ぎた話にこだわってるのはこっちだけって知って、驚いた。
一言、ただ「おめでとう」
ただ、そう言ってやりたかったけど。

普通の事って難しいね。
毎日のように、側にいたのにな。

呼吸が重たいような。
指先が熱いような。
気のせいにしたいけれど、飲み込むのは苦しい。
思い出拗らせたまま、いつまでも胸の中、残る熱があるんだな…。
知らなかった。

平気なフリで生きていても、僕らはいつも病気だね。
触れないはずのかなしみに、僕らはいつもつぶれてしまうね。

季節が巡って、
僕らはどこかで、また出会う事があるのかな。
君のため、
ひとつでも、出来る事が欲しかったな。

冷めないで、
冷めないで、
小さな、僕の平熱。

冷めないで、
冷めないで、
小さな、僕の平熱。


ミニ情報
アルバム「聞こえる」収録曲
中村中の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
平熱/中村中の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ