どこまでも青空 鶴 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
どこまでも青空  ♪ 
作詞 : 鶴
作曲 : 鶴

繰り返す日々に 足をとられて
交差点に一人 取り残されたまま 動けない

時代や誰かに 押し付けてみても
何も変わらないと 分かっているのに 繰り返すのか また今日も

引き返すことさえ できもしないくせに
言い訳ばかり探しては また踏み出せずにいるよ
どこまでも青空 そこにレールなんて無い
きっと答えは 一つじゃない 歩き出せば何処へでも行ける

誰かの望んだ 答えを出しては
当たり障りの無い言葉を並べて
誰の為の僕なんだろう?

傷つけたくないと 傷つきたくないと
弱さから目をそらすのは もう

見上げれば青空 始まりも終わりも無い
行き先なんてさ 探しても無限に広がるだけさ
どこまでも青空 そこにレールなんて無い
きっと答えを一つじゃない 全てが間違いじゃない
答えは一つじゃない 歩き出せば何処へでも行ける


ミニ情報
アルバム「我がまま」収録曲
鶴の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鶴「どこまでも青空」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ