すみれ - PUFFYの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

PUFFY
公式サイト
すみれ  ♪  PUFFY
作詞 : PUFFY
作曲 : Andy Sturmer

並んだ すみれで編んだ 花冠をのせて
遊んだ 帰りの道を 思い出にして旅立った

雨が降ったって ひとりになったって
太陽をいつだって 待ってたい
船に乗っかって どこへ向かってんの
太陽はそこにあるのかい

しゃがんだことで見つけた 小さな愛を摘んで
望んだ想い全てが 花のように色づいてった

それが恋なんて ましてや愛なんて
真夏は過ぎたっていうのに
胸がいっぱいで 声にはなんなくて
水玉を浴びて歩きたい

夜を越えてって 大人になったって
てきとうに 好き勝手やってたい
雲を追ってって 何が待っているの
青空を背に 進みたい

それが恋なんて ましてや愛なんて
真夏は過ぎたっていうのに
胸がいっぱいで 声にはなんなくて
水玉を浴びて歩きたい


ミニ情報
アルバム「15 アミユミチョイス」収録曲
PUFFYの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
すみれ/PUFFYの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ