愛の比喩 - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

愛の比喩-森山直太朗
Jword 森山直太朗
公式サイト
愛の比喩  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

どれだけ君と 話しただろう
見つめるだけで 幸せなのに

風が揺らした 髪の匂いを
海に喩えて 抱きとめた

ぼくは今 君が好きで
肩越しに咲く 花を見ている
限りのない 愛を誓おう
涙がなぜか 止まらぬ夜に

世界はきっと 眠りの中で
ぼくら二人を 夢に見ている

ゆっくりと 時は進み
今日のことさえ 忘れゆくだろう
形のない 愛の行方を
言葉にしても 空しいばかり

ぼくは今 君が好きで
肩越しに咲く 花を見ている
限りのない 愛を誓おう
涙がなぜか 止まらぬ夜に


ミニ情報
アルバム「素敵なサムシング」収録曲
森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レスター
さなぎの時代
僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物
嗚呼
君のスゴさを君は知らない
とは
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
傘がある
金色の空
愛の比喩/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ