初恋 - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

初恋-森山直太朗
Jword 森山直太朗
公式サイト
初恋  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

淡いベージュのキャミソール
木陰の上に寝転んだ
固い表紙の本の中
私は異国の風に乗る

遠いあなたの面影が
今も私の胸にあり
どんなに遠く離れても
あの日の歌に守られて

川の畔で触れ合って
本当の恋と知りました
流れる物を指に絡めて
感じるままに身を寄せた

あれは確かに初めての恋

時計の針に躓いて
迷子になったビルの森
思わず掴んだ温もりが
変わらぬ愛の風景画

星も円らな草原で
歌を聴かせてくれました
夢は明日に差す光
幸せなのに寂しくて

あれは確かに初めての恋
もう二度とない初恋


ミニ情報
アルバム「素敵なサムシング」収録曲
森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レスター
さなぎの時代
僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物
嗚呼
君のスゴさを君は知らない
とは
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
傘がある
金色の空
初恋/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ