悲しいほどピカソ - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

悲しいほどピカソ-森山直太朗
Jword 森山直太朗
公式サイト
悲しいほどピカソ  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

渡り廊下の向こうから あなたの笑顔がやってきた
黄金律のボーダーと 引っ掛けただけのサンダルと

オイルで汚れた手の甲に いくつか数字が書いてある
「物忘れがヒドくって」 伏し目でボソリ呟いた

ピ・カ・ソ
青の時代も過ぎた頃
ピ・カ・ソ
白けた戦争やってきた
ピ・カ・ソ
サンタクロースもいなくなり
ピ・カ・ソ
あなたは自由に殺された

丸い瞳のその奥で 細切れの牛が鳴いている
ドナドナどうなる新世界 落ちたリンゴが転がった

鏡の中からワチニンコ 裸の女が踊りだす
情熱の国で眠りたい 煙が空にのぼってく

ピ・カ・ソ
教えることなどなにもない
ピ・カ・ソ
目覚めるように眠るだけ
ピ・カ・ソ
果物は甘くあるだけで
ピ・カ・ソ
女は私に優しくて

ピ・カ・ソ
それは悲しいほど
ピ・カ・ソ
時に罪深く
ピ・カ・ソ
どこまでも続く
ピ・カ・ソ
迷路のように

ピ・カ・ソ
それは悲しいほど
ピ・カ・ソ
ピ・カ・ソ


ミニ情報
アルバム「素敵なサムシング」収録曲
森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レスター
さなぎの時代
僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物
嗚呼
君のスゴさを君は知らない
とは
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
傘がある
金色の空
悲しいほどピカソ/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ