distance 浪川大輔 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

浪川大輔
公式サイト
distance  ♪  浪川大輔
作詞 : 森月キャス・小鳥
作曲 : 宮崎誠

見上げれば四月の空に 咲いていた桜の雲が
僕はまたこの場所にほら 立っている

置いてきた大切なもの 離れてく心の距離を
線路沿い流れる影が 追い越して

過ぎ行く日常 ただそれに身を委ねているけど
立ち止まると 頼りない君の温もりが
僕の中をすり抜けて行く

さよならは いつまでも変わらない
時を刻んでいく
花ビラが舞い散るこの道で
いつかまた会おう
もう二度ともう二度と あの頃に
戻らない distance
飛び越えて

夕焼けが辺りをつつみ 想い出の君と重なる
僕はまだ変われないまま 立ち尽くす

夢見てた理想の日々は 現実が道を塞ぐよ
遮断機が警笛の中 降りていく

遠くにいても見えるくらいにね
大きく咲き誇るから あの日君に誓った言葉
春の風が心に運ぶよ

ただいまと 笑って言う為には
まだ早いから
満開の僕になるまで
ここで頑張ろう
もう少しもう少し感じたい
届かない distance

きっと二人は 遠く離れてても
ずっと心は 誰よりも
いつでも君を
傍(そば)に感じてるよ

さよならは いつまでも変わらない
時を刻んでいく
もう一度もう一度
花ビラが舞い散るこの道で
いつかまた会おう
もう二度ともう二度と あの頃に
戻らない distance
飛び越えて


浪川大輔の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
浪川大輔「distance」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ