素敵すぎてしまった - ポルノグラフィティの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ポルノグラフィティ
公式サイト
素敵すぎてしまった  ♪  ポルノグラフィティ
作詞 : 新藤晴一
作曲 : 新藤晴一

あの夜が夢のように少し素敵すぎてしまった
そうか これはその罰だろう 夢を見終えた暗闇なんだろう

風が街角で「行くあてがない」と泣いた
「それは僕のセリフ」だと良いニュースが言ってる

失われていく様を 勤勉な監視官のように じっと見つめてる
急ぎも躊躇いもせず 割れたままの砂時計 時を宙に返す
ささやかなレクイエム

あの夜が夢のように少し素敵すぎてしまった
そうか これはその罰だろう 夢を見終えた暗闇なんだろう

「淋しい君だからずっと側にいてあげる」
そう囁いた悪いニュースにぎゅっとHugをされた

冷たい骨を晒した解体途中のビルの上を舞うムクドリ
その巨体は少しずつ時に体を啄まれ ようやく眠るのか
過ぎたことはもういいだろ 知りたくないことばかり深く知ってしまう
やすらかなレクイエム

あの夜が夢のように少し素敵すぎてしまった
そうか これはその罰だろう 夢を見終えた暗闇なんだろう


ミニ情報
アルバム「PANORAMA PORNO」収録曲
ポルノグラフィティの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
素敵すぎてしまった/ポルノグラフィティの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ