冬の終わり 古内東子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

古内東子
公式サイト
冬の終わり  ♪  古内東子
作詞 : Toko Furuuchi
作曲 : Toko Furuuchi

髪につもった粉雪があなたの指で解けてゆく
北風吹けば抱き寄せてその腕で守ってくれたね
冬に出会った恋人は真っ白な世界まるで二人きり
愛を紡いでやわらかな何かに包まれるように
信じていた、そう永遠を

今でも思い出す 春を待つこんな日は
桜の莟ひとつずつ今は誰と見上げているのでしょう
さよなら 私の心あたためた人
冬の終わりがこんなにも切なくなるのは私だけ?私だけ?

駅のホームで見送ってひとり乗り込んだ反対の電車
まるであの日の二人だね どこまでも離れてくだけ
行く先さえ見えなくなって

今でも思い出す 春を待つ雨の夜
小さな傘に寄り添って今は誰を守っているのでしょう
さよなら 愛してくれた日々忘れない
冬の終わりがこんなにも切なくなるのは私だけ?私だけ?

春を待つこんな日は
桜の莟ひとつずつ今は誰と見上げているのでしょう


ミニ情報
アルバム「夢の続き」収録曲
古内東子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
古内東子「冬の終わり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ