いつも君だった - indigo7の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

いつも君だった-indigo7
いつも君だった  ♪  indigo7
作詞 : キタダイユウジ
作曲 : キタダイユウジ

それでもやっぱり君がいい
いつだって僕には君がいい その理由がただ欲しいだけ

散らかったままの部屋で ケンカして電話を切る
分かってるんだ いつでも繰り返してばっかりって
もしかしたらこのまま僕ら 終わってしまうのかな
「諦めろ」って友達の 甘い言葉につられそうになる

本物の愛はどこだ? ひとりつぶやきながら
電話が鳴るのを待っている 自分に気付いたよ

いつだって僕には君がいい そう信じたいだけなんだよ
確かな理由を1つだけ 知りたいんだよ
意味もなく考えすぎたり 眠れないままの夜に
浮かんでくるのは また君の顔ばかり

片付けが嫌いな君を また怒ったけれど
ひとりじゃカップとコーヒーのある場所さえわからない

知ってるだろう ためらっているヒマがあるほど僕らは
ずっとじゃないってことを ねぇ君だって

いつだって僕には君がいい 悩む事なんかなかったよ
胸の奥の方にずっと聴こえてたろ?
それならやっぱ今すぐに自分に言い聞かせなきゃな
朝が来る前に迎えに行くよ

思い出せば何回もそう 繰り返してきたけど
僕の隣にはいつも君だった

いつだってやっぱり君がいい 結局はそういう事なんだろ
愛と恋の違いなんて 気にせずにいける
これからもずっと2人がいい 明日からまた泣き笑っていこう
僕らの事を真似するように 繰り返すいつもの朝がきた


ミニ情報
「王様のブランチ」2月・3月度エンディングテーマ
indigo7の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Runnin' the night
沈まない太陽
Higher Higher
on your way
7min.
いつも君だった/indigo7の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ