D.C. - m.o.v.eの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

D.C.  ♪  m.o.v.e
作詞 : yuri・motsu
作曲 : t-kimura

輪郭を描くように昇る陽が 夜を暖めていく
明日を映し出して そこにまた影を生む

失うことでしか気づけない それが人ならば
ぼくらは 何をすれば大切なものを守れるだろう

今聞こえる 新しい息吹が
光も影も 今日を飾る色
また進もう 胸に抱いて
生まれた日に与えられた この名と愛を

言葉は捨ててもいい 身体もこの眼もなくしていい
キミを抱きしめられる心が残ればいい

陽が落ち消えても 星のように希望は瞬く 今夜も
XIIを過ぎた頃 また何か見つけるだろう

今はじまる 新しい旅立ち
今日をつないで 未来を織り上げて
まだ何も見えないけど
此処でもそのままで キミの声は聞こえる

雨に濡れた 昨日はもう過ぎていった
傷みが去るのを 待つ意味はない もう

登る朝日が照らし 浮かび上がらせるこの架け橋
僕ら、なけなしの糧だけ 抱き駆け出してく走者
仰ぐ未来は純白のシルク この旅路の行く先を記す
希望を柔らかく包み込むために 丹念に織り上げられたシルク
さあ足をそっと前に この素晴らしい世界に

今はじまる 新しい世界が
結んだその手 広げる時に
その胸に 溢れるほどの色
恐れないで そこから さあ出るんだ
まだ何も見えないけど
希望が現実に変わる 音が聞こえる
近づいている


ミニ情報
アルバム「XII」収録曲
m.o.v.eの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
D.C./m.o.v.eの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ