君がため - VALSHEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

VALSHE
公式サイト
君がため  ♪  VALSHE
作詞 : VALSHE
作曲 : minato

夜が招く足音に 何時か閉ざした記憶が
誰かの声を合図に開き溢れていく

ただ夢を語る僕の姿は今と違って
どんな事も出来る様な そんな気がしていた

あの時何かを言いかけた君が
今の僕には見えなくて

「どうか忘れて欲しい 僕が大切な君なんて要らない」
-寂しい- と心は泣いて
掛け違え そのままの感情は さまようだけ

満ちては欠けていく 惜しむこともない
そんな世界の中 僕も同じで
好きも嫌いもない それが簡単で
皆傷付かないように生きて

後悔とは違うもの ただ懐かしく感じて
今頃君が笑っていれば… なんて思う

どうか忘れて欲しい 僕が大切にした君にさよなら
-恋しい- と心は泣いた
作り笑いなんて出来なくてよかった

「どうか変わらないまま...」

もうこれ以上なく傷つけて

嫌いでいて


ミニ情報
アルバム「PLAY THE JOKER」収録曲
VALSHEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
君がため/VALSHEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ