歩道橋 - KAT-TUNの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

KAT-TUN
公式サイト
歩道橋  ♪  KAT-TUN
作詞 : KOUDAI IWATSUBO・ECO
作曲 : KOUDAI IWATSUBO

この歩道橋の上 君の家の方角を眺める
何が見えるわけでもないけど ちょっと嬉しかったりして

夜の風の中 今日も隣の駅 途中で降りてみる
見慣れた街並み 歩く帰り道 コンビニの灯りがキレイだね

ふざけ合って 喜び合って 共に愛 語らって
そんな全てが 今ならきっと力に変わるから
また出会って 寄り添い合って 時に愛 見失って
そんな全てが今も

この歩道橋の上 君の家の方角を眺める
何が見えるわけでもないけど
嬉しかったり 切なかったり 悔しかったり
思い描いた未来 この街の景色のように また変わっていくけど
それでいい

ビルの灯りとか 流れるランプが 消える頃には ほら
知らない街のように その姿が変わる あの頃の想いだけ残して

笑い合って 慰め合って 共に夢 語らって
そんな全てが 今はちょっと昔話だけど
時間(とき)が経って 仲間にだって 守る暮らしがあって
そんな全てが今も

この歩道橋の上 君と見た同じ月明かりの
真ん中にいるような気がして
思い出したり 苦しかったり 強くなったり
夢に終わりなくて この街の景色のように ただ変わっていくだけ
それでいい

許し合って また強がって 共に傷 広がって
そんな全てと 今もちょっと戦っているけど
損したって 君が笑って 守る意味とかあって
そんな全てを今も まだ

この歩道橋の上 君の家の方角を眺める
何が見えるわけでもないけど
嬉しかったり 切なかったり 悔しかったり
思い描いた未来 この街の景色のように また変わっていくけど
それでいい

右手に夢 左手に君 世界中の贅沢より たった二つ
欲しいものは それだけでした
なのに いつからか 両手いっぱいで
自分の夢だけで 精一杯で
だから今度は両手いっぱい 君に伸ばすから 笑って欲しくて

手を振り迎えに来る君 明日も会うって何度も言う君
ちょっと寝込んだだけで
大げさに看病しに来たくせに寝ちゃう君

悔し涙の夜 自分の事のように 泣いてくれた君
今も それだけは 変わっていかない


ミニ情報
アルバム「CHAIN」収録曲
KAT-TUNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
歩道橋/KAT-TUNの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ