果てしなく白に近づきたい青 LUNKHEAD 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

果てしなく白に近づきたい青  ♪  LUNKHEAD
作詞 : 小高芳太朗
作曲 : 小高芳太朗

弱さを見せないのが
そんなに強い事だろうか
笑われないようにする事が
そんなに偉い事だろうか

いつから涙を流す事にさえ
僕らは理由を探すようになるんだろう

本当に、ただ本当に大事なものだけを抱えたまま
ただ揺るぎない、この揺るぎない、心のまま生きたいだけなのに

いつも迷い続けている
それでいいと誰かが言う
君は君らしくていいんだ
そんな風に簡単そうに言う

だけど、自分らしさってどこにあったんだろう
いつからそれすら解らなくなるんだろう

僕たちは皆、本当は最初から全部を持っていたのに
見失い、そしていつからか、心のまま生きていけなくなる

期待しない事を覚え諦める事に慣れていく世界のからくりに気付け
反逆の歌を今

さあ、鳴らせ

僕たちは皆、本当は最初から全部を持っている
それは見失い、忘れてしまう それでも無くしたりはしないんだ
ただ本当に、ただ本当に大事なものだけは抱えたまま
また揺るぎない、この揺るぎない、心のまま生きていけるように


ミニ情報
アルバム「青に染まる白」収録曲
LUNKHEADの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
LUNKHEAD「果てしなく白に近づきたい青」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ