告白 supercell 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

supercell
公式サイト
告白  ♪  supercell
作詞 : ryo
作曲 : ryo

もしも僕のため 君が身を挺して
僕の代わりに死んでしまったなら
そんな世界に残された僕は
一人何を思えばいい

覚えてるかな
君を好きになった僕は思いついたんだ
にこりともしない君を絶対に
笑わせてやろうってね

だけどそんな考えは見事に打ち砕かれた
僕は結局一人で笑ってばかりいたんだ
「まるでこれじゃ道化師だ、君の専属でございます」
なんておどけて言ったって全く無反応で

笑え 君のために
僕は何度だってくしゃくしゃになって
無茶苦茶になって 言うよ
泣きたいくらいに笑えるくらい
好きだよってさ

時を重ね想いを重ね
そうやってずっと近くにいて
当たり前だった君がいなくなって
その重さを知ったんだ

あの日その手を離さず強くつかまえてたなら
僕は結局一人で自己満足していただけ
「まるでこれじゃ嘘つきだ、君のためとか言っちゃって」
そうつぶやいた言葉でさえ届かなくて

走れ 君のもとへ
僕は何度だって転んでやる
迷ってやる
待っていて 今すぐに行くから
どんな困難がそこにあっても

それは運命のはずだった
君と僕は永久にともに
なのに君だけいないのならば
僕は時を駆けて会いに行くよ

「そして君が自らを犠牲にして
僕を助けてくれたのならば
今度こそ僕は君を守ってみせるから
僕を信じて」

笑え 君のために
僕は何度だってくしゃくしゃになって
無茶苦茶になって 世界が明日に終わろうとも

掴め 君のその手を
僕はもう絶対に離しはしない
約束しよう 僕にこの命ある限り
必ず幸せにしよう
何度だって笑わせるから
だから僕についてきてほしい
いいだろう?


ミニ情報
アニメ「ギルティクラウン」2ndシーズンエンディングテーマ
アルバム「ZIGAEXPERIENTIA」収録曲
supercellの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
supercell「告白」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ