エンドロール - 秦基博の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

秦基博
公式サイト
エンドロール  ♪  秦基博
作詞 : 秦基博
作曲 : 秦基博

シャーベット 都会の雪は すぐに融けて消えてしまうんだ
あっけないラストシーン いつか君と歩いてた道

冷たく 濁ってく アスファルトは後悔の色
僕には ただひとつ 小さな温もりも守れなかった

とぎれた ふたり

ねぇ いつもなんで 僕はどうして 肝心なことだけが言えないで
ねぇ 今になって もう遅いって ずっと あの日のままで
君はいない ひとりきりの街で 舞う雪を見ていた

かじかむ指先の 感覚が薄れてく様に
いつしか幸せは 当たり前の中に埋もれた

凍った 喉の奥 白いため息の向こうで
ちらちら 降り続く 雪の陰に 君を探してしまう

えぐれた いたみ

ねぇ あの日なんで 君はどうして 不自然なくらいに はしゃいでて
ねぇ 終わりだって 戻れないって きっと わかっていたの
僕はいない どこかで今 君も この雪を見てるかな

なくした みらい

ねぇ いつもなんで 僕はどうして 肝心なことだけが言えないで
ねぇ 会えなくって 忘れられなくて ずっと 歩いていくよ
誰もいない 白黒の世界 僕は ただ君を想うよ


ミニ情報
アルバム「Signed POP」収録曲
アルバム「evergreen」収録曲
アルバム「All Time Best ハタモトヒロ」収録曲
秦基博の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
エンドロール/秦基博の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ