麦色 - TRIPLANEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

TRIPLANE
公式サイト
麦色  ♪  TRIPLANE
作詞 : Hyoue Ebata
作曲 : Hyoue Ebata

君の居ない景色に酔い痴れては
鈍色のビー玉を放り投げて
黄金色に映えている麦秋の空に
温もり無き安堵と 嘘の清々しさを
口笛か何かで吹き飛ばした

にわか雨が去ったら 胸に空っ風が吹いて
何もかも消えていたよ
もう僕でも君でもない
オンボロのスタジオで
手垢まみれのギターを撫でながら
麦色の抜け殻を胸に閉じ込めて

薄暮れのバスを待つ君の影
蛙の鳴き音で呼び覚まして
緑薫る空虚な風の往来に
繋いだ手の かすかな記憶が滲んでた
少しまどろんでいた

「さよなら」とだけ告げて 泣き終えた後
ショートケーキを残さずに食べていた
そんな君が好きでした
懐かしいあの店もこないだシャッターを下ろした
また一つ 消えてゆく
麦色の壁の向こうへ

もう何年振りだろう
キツい煙草に火を点けて
麦色の蜃気楼 君と過ごした夏の日
にわか雨みたいだね 僕を濡らして去って行った
アリガトウ アリガトウ

ひび割れた麦色のメロディー奏でて


ミニ情報
「U型テレビ」エンディングテーマ
アルバム「V」収録曲
TRIPLANEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
麦色/TRIPLANEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ