帰郷〈岩佐美咲バージョン〉 岩佐美咲 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

岩佐美咲
公式サイト
帰郷〈岩佐美咲バージョン〉  ♪  岩佐美咲
作詞 : 秋元康
作曲 : 上杉洋史

どこまでも続く
一本の道を
久しぶりに歩いてみよう
青空の下で
遠い山と田園とが
交わった辺りが
私の故郷(ふるさと)

夢を見に行ってた
都会(まち)の時間(とき)は早くて
思い出してる余裕がなかった

ああ ごめんね
心配かけてたよね
母さんから
貰っていた
手紙にも返事さえ出せなくて…
ああ ごめんね
なんとか暮らしてたよ
窓の外を
眺めながら
何百回
弱音を吐いた

風のその匂い
川のせせらぎも
すべてのもの なつかしくなる
生まれて育った
この大地が
帰る場所と
今さらわかった
私の原点

夢はまだ見ている
人は 誰も旅人
知らない未来 行ってみたいだけ

ああ ありがとう
今日まで頑張れたよ
父さんから
ふいの電話
厳しさとやさしさを無視してた
ああ ありがとう
これからも頑張れる
どんな時も
味方だった
ビルの隙間
故郷(ふるさと)の空

ああ しあわせ
明日からまた歩く
離れてても
胸の奥に
いつだって この道は続いてる
ああ しあわせ
みんなに見守られて
きっと 今も
一人じゃない
振り返れば
故郷(ふるさと)の空

振り返れば
故郷(ふるさと)の空


岩佐美咲「帰郷〈岩佐美咲バージョン〉」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
岩佐美咲の人気曲 この歌手の人気曲一覧

ヘビーローテーション〈演歌バージョン〉♪ポップコーンが 弾けるように
異邦人♪子供たちが空に向かい
鯖街道♪小浜(おばま)の港に鯖が揚がる頃
津軽海峡・冬景色♪上野発の夜行列車 おりた時から
ハナミズキ♪空を押し上げて 手を伸ばす君
瀬戸の花嫁♪瀬戸は日暮れて 夕波小波
⑦帰郷〈岩佐美咲バージョン〉♪どこまでも続く 一本の道を
初酒♪生きてりゃいろいろと
川の流れのように♪知らず知らず 歩いて来た
一歩目音頭 <岩佐美咲バージョン>♪祭り囃子に誘われて 浴衣に下駄でいそいそと

岩佐美咲の新曲 この歌手の新曲一覧

鯖街道♪小浜(おばま)の港に鯖が揚がる頃
石狩挽歌♪海猫(ごめ)が鳴くから
ふたり酒♪生きてゆくのが つらい日は
ごめんね東京♪北へと向かう未練列車を
一歩目音頭 <岩佐美咲バージョン>♪祭り囃子に誘われて 浴衣に下駄でいそいそと
ハロウィン・ナイト <演歌バージョン>♪扉 開けたら まるで タイムマシーン!
川の流れのように♪知らず知らず 歩いて来た
初酒♪生きてりゃいろいろと
履物と傘の物語 <岩佐美咲バージョン>♪ある田舎の駅の近く 2つの店が並んでました
越冬つばめ♪娘盛(ざか)りを 無駄にするなと

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ