花の狼 Galileo Galilei 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Galileo Galilei
公式サイト
花の狼  ♪  Galileo Galilei
作詞 : 尾崎雄貴
作曲 : Galileo Galilei

僕は鉄の爪とのこぎりみたいな牙を持ってる
頑丈な毛皮はどんな生き物も傷つけられない
花を育て
種を食べる
犬は嫌いだ
僕に似ているから

僕の住む岩場に君が迷いこんできたあの日
しばらくの間のぞいていたんだ
しまった気づかれた
こっちに駆け寄ってきた
唸ってみたのに
ぜんぜん怖がらなくて

細くて白い手が僕の首の後ろをかいた
雷にうたれたみたいに
君を好きになってしまったみたい
はじめての気持ちだったよ

その気になればすぐ

世界の半分が僕のものになるはずさ
そうしたいほど特別な気持ちなんだ
世界のもう半分は君だけにあげよう
心臓が止まるほど喜んでくれるんだろう

それから毎日君は僕のところに遊びにきた
一緒に花を育てて秋になったら種を食べた
季節が3度まわる頃に
神様が僕に放った矢が君を殺した

細くて白い手がもう僕に触れてはくれない
大好きな君は土の下で眠る
神様を探し出して
頭から食べてやるぞ

ついにその気になってしまって

世界のすべてが僕のものになったとしても
君だけがいない
どこを探してもいなくて
向日葵の種を岩場にたくさん蒔いたよ
土の下で会うときに
喜んでくれるように


ミニ情報
アルバム「PORTAL」収録曲
Galileo Galileiの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Galileo Galilei「花の狼」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ