白い息 たむらぱん 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

たむらぱん
公式サイト
白い息  ♪  たむらぱん
作詞 : 田村歩美
作曲 : 田村歩美

街灯やビル並木が白く凍みついて
舞い散る雪花びらひとつ 襟足に潜り込んできた

じゃんじゃんと降り積もった屋根から覗いた
赤茶色の瓦がひとつ目立ってる 飛び出してたから

いつかこの話を伝えて 君を笑わせたい

ある時はふたり笑い ふたり抱き合って
いつまでもいつまででもいたい
街の上に降りつもる 止まない空の
雪の様に雪の様に静かに下って
温かい心を送りたい
じゃんじゃんとその胸に舞い降りてほしい

階段は 降りるときに滑り転ばぬよう
あたしはいつもひとりきり震えてた かじかんでたんだ

いつかこの話も伝えて 君を 君を笑わせたい

ある時はふたり泣き ふたり寄り添って
いつまでもいつまででもいたい
きっとふたり歩けば 真冬の道は
少しずつ少しずつ温かくなって
一歩ずつ一歩ずつでもいい
段々と越えて行こう 負けそうにないね
そばにいるから

じゃんじゃんと降り積もって ふたりの道になって行く・・・

ある時はふたり笑い ふたり抱き合って
いつまでもいつまででもいたい
街の上に降り注ぐ 真っ白な想い
雪の様に雪の様に静かに下って
温かい所へ昇りたい
じゃんじゃんとその胸に舞い降りて
ずっと


ミニ情報
「saku saku」'11年12月度 エンディングテーマ
アルバム「mitaina」収録曲
たむらぱんの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
たむらぱん「白い息」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ