変わったかたちの石 KinKi Kids 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

KinKi Kids
公式サイト
変わったかたちの石  ♪  KinKi Kids
作詞 : 秋元康
作曲 : マシコタツロウ

いつだっただろう?
生まれた街の川で
変わったかたちの
石を拾った

僕の部屋の
出窓の下
ずっと 置いたままで・・・
「何なの、これ?」
いつも聞かれたよ
「意味はない」と
答えていたけど

僕たちは知らずに
流されて
丸くなって行くんだ
尖ってたあの頃を
忘れない
目印だよ

負けそうになると
この石を手に取った
いびつでいいよと
力をくれた

他人(ひと)と同じ
生き方より
僕は僕でいよう
「まあいいか」と
我慢してしまうと
本音なんて
わからなくなるよ

僕たちは知らずに
流されて
丸くなって行くんだ
尖ってたあの頃を
忘れない
目印だよ

変わってしまうことに
僕は不安だったから
変わらぬもの
近くに置いて 生きて来た

今 僕は
鏡を覗き込み
そっと自分の顔を見る
少年の目をしてるか?
あの日の石 思い出そう

僕たちはそれでも
流されず
もっと自由に生きるんだ
尖ってる自分らしさ
石のように 在り続ける


ミニ情報
アルバム「L album」収録曲
KinKi Kidsの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
KinKi Kids「変わったかたちの石」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ