66番目の汽車に乗って WEAVER 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

WEAVER
公式サイト
66番目の汽車に乗って  ♪  WEAVER
作詞 : 河邉徹
作曲 : 杉本雄治

星の夢を見てたよ
なぜだかわからないけど
目が覚めてこぼれ落ちた大粒涙

今夜は星が綺麗だと
手を伸ばしてもたどり着けなくて
夢の中なら届く気がしたんだ
流れ星が線路のようにほら

そしてベッドの上やってくる
目を閉じると見えるのは
長い影夜の夢を支配する汽笛のメロディー

きらめく星空レールに変えて走りだせ
do YOU ride on No.66? あの月を越えて
あふれる光この手に掴ますように
そっと目を閉じて星に願いを

眠れない夜もあるけど
眠りたくない夜もあるんだ
そして今夜も星が綺麗だよ
ねえ聞いて繋いでいたいよ
いつかは目が覚める夢でも

いつもホームの上待っていた
いつ来るかもわからずに
来ると信じ目を閉じずっと待っていた 星降る夜に

こんな綺麗な星の夜にいつも
届かない思いこみ上げてくるのはなぜ??
来てよNo.66土星の輪をくぐって
眠れない夜も越えて行けるように

夜の空浮かぶ月に 大胆に影を落とし
霞んでたあの星今照らし出す 汽笛のメロディー

遠い空から見下ろした夜の街
まるで星のように輝いて見えたんだ
それも欲しかった全部
目が覚めれば大粒涙こぼれ落ちた

お願いNo.66 「夢の記憶」も
一緒に降ろしてきてほしい


ミニ情報
アルバム「ID」収録曲
WEAVER「66番目の汽車に乗って」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
WEAVERの人気曲 この歌手の人気曲一覧

僕らの永遠 〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜♪勝てないことがわかると
キミノトモダチ♪終わりの見えない道を
負けんな!♪問題が山積み 目を背け逃げ出したくなる
泣きたいくらい幸せになれるよ♪泣きたいくらい幸せになれるよ
こっちを向いてよ♪何もない空を一人で見上げてた
だから僕は僕を手放す♪10年前好きだった 開く事のない小説
Another World♪最終電車に 揺られて眠った
Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜♪離れていれば 思い出す度に辛くて
管制塔♪常識的なあなたは 星を見て綺麗だって言った
愛のカタチ♪願う理想のものとは ほど遠いなんて知ってる

WEAVERの新曲 この歌手の新曲一覧

Another World♪最終電車に 揺られて眠った
だから僕は僕を手放す♪10年前好きだった 開く事のない小説
Photographs♪私の知らない空 雪降る白い道
Hello, Again 〜昔からある場所〜♪いつも 君と 待ち続けた
Shake! Shake!♪仕事終わりじゃ 遊ぶ気にならない
Stay♪届かない言葉 ただ見つめる先で笑って輝く
海のある街♪風が吹く港に 幾つもの人の想い出
恋の予感♪なぜ なぜ あなたは きれいに
S.O.S.♪涙に Shining sun 笑顔に
Wake me up♪手をとって 見つめ合ったら

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ