卒業 〜また会おうね〜 - 初音の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

卒業 〜また会おうね〜-初音
卒業 〜また会おうね〜  ♪  初音
作詞 : 奥村初音
作曲 : 奥村初音

「また、会おうね」
今日まで ほんとうに ありがとう

桜のアーチ くぐりぬけた日の 出会いを思い出す
黒板の文字 机のらくがき 校庭… 忘れない

誰もいない教室のドアをゆっくりしめたら
これからの新しい季節の匂いがした

「また、会おうね」
今日からは 別々の道を歩いてゆく
「また、会おうね」
離れても 変わらないでね その笑顔

桜の季節 新しい制服 春の陽差しが包む
期待と不安 揺れる教室に増えていく笑い声

傘を差さず走ってく君の姿眩しくて
いつの間にか 君のことだけを追いかけてた

半袖のシャツ 照りつける太陽 真夏のカフェテラス
恋の話は尽きることなくて 気づけば陽は落ちて

浴衣姿 みんなではしゃいだ天神まつり
帰り道に こっそり渡したアドレス

砂を舞い上げて たすきつないで 君は走り抜けてく
声が枯れるまで送った声援 クラスはひとつになる

季節が過ぎて 冷たくなる風 心にしみる
ケータイ握り ずっと待ってた君のメール

いつも君がそばにいて
初めての気持ちをくれたから
もっと君のそばにいて
この絆 深めてゆきたい

桜の季節 新しいクラス 今年も君がいる
雨あがりの虹 ふたりを結ぶ 明日へ続いてる

浴衣姿 並んで歩いた天神まつり
触れた手と手 未来を感じた君との夜

長い坂道 自転車の後ろ 君をぎゅっとつかんだ
おそろいのリング 笑いあうふたり 同じ夢を描く

このままずっと ぬくもり感じて 腕を組んでたい
人生できっと 今がいちばんのしあわせ

卒業生を見送る親友 初めて見せた涙
大好きだったあの先輩に 想いを言えないまま…

出会いがあるなら いつかは必ず別れが来ること
はじめからわかっていたけど 悲しくなる

いつもいつも君のこと
愛しくて どうしようもなくて ただ
ずっとずっと君のこと
信じ続けてゆきたい

夢を信じてがんばる姿を 見てると切なくなる
ゴールを目指す君だけが一人 遠くへ行くようで

浴衣姿 並んで歩いた天神まつり
今は一人 見つめる花火が かなしく咲く

音楽室へ続いてく廊下 君とすれ違った
なぜ目をそらすの なぜ冷たいの 心がくずれそう

積み重ねた時間(とき)も簡単に壊れてしまうの
あの時強く感じた未来が 消えていく

支えてくれた 励ましてくれた 一緒に泣いてくれた
どんなことだって話せる親友 ほんとにありがとう

涙の数だけ笑顔になれると分かち合ったこと
忘れないよ かけがえのない宝物

いつかいつか微笑んで
もう一度 君に会いたいから
だから今は 微笑んで
君から卒業してゆく

瞳とじれば めぐる想い出 いろんなことがあったね
最後のチャイム 鳴り響く校舎 今日までありがとう

出会いの日から みんなとの絆 深まったかな
三年が過ぎて 少しは大人になれたかな

「また、会おうね」
今日からは 別々の道を歩いてゆく
「また、会おうね」
見あげれば ひとりひとりの春がくる

「また、会おうね」
三年の想い出を 強く抱きしめて
「また、会おうね」
十年後 桜の下でめぐり逢う

ほんとうに ありがとう


ミニ情報
アルバム「音紡ぎ」収録曲
初音の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
R347
君が教えてくれたこと
ひだまり
希望にかわるとき
フツウっていう幸せ
迷路 -Live Version-
紡ぎ 〜あまねく想い〜
伝えたいことば
つよがりソレイユ
また逢いたい
卒業 〜また会おうね〜/初音の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ