ベランダ - まきちゃんぐの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

まきちゃんぐ
公式サイト
ベランダ  ♪  まきちゃんぐ
作詞 : まきちゃんぐ
作曲 : まきちゃんぐ

あの日が本当に最後の日なら
伝えたい言葉は山ほどあった
命のロウソクが見えるのならば
アタシの半分を繋げたかった

ペアのマグカップも少し大きなパジャマも
見えない貴方を今も探しているのに

貴方がいない明日を一人どうやって待てばいい
この先ずっとアタシだけ このベランダに立つのね

命のロウソクが溶けたその後
人は星になると昔から言う

昼間の雑踏で埋めたはずの隙間から
消えない傷跡を笑いながら撫でていく

貴方がいない明日を一人どうやって待てばいい
この先ずっとアタシだけ このベランダに立つのね

夜空に光る星の数だけ思い出があるのなら
名もない星なんて無いよと もう一度教えて

貴方がいない明日をずっとこのベランダで待つの
もうすぐ貴方に会えるの 今夜は晴れだから

もうすぐ貴方に会えるの 今夜は晴れだから


ミニ情報
アルバム「誰が為に鐘は鳴る」収録曲
まきちゃんぐの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ベランダ/まきちゃんぐの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ