海月 まきちゃんぐ 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

まきちゃんぐ
公式サイト
海月  ♪  まきちゃんぐ
作詞 : まきちゃんぐ
作曲 : 末光篤

ねぇどこまでアタシは泳ぐの 独りで
気付かない振りして見上げた空には満月
漂うアタシを照らす

誰にも会いたくなくて 誰かに会いたい夜
月明かりが水面に落ちてまるでくらげのよう
自分だけに歌うわ
誰もいない独りの海

そう全ての願いが叶うというなら
一つだけアタシは願うの
当たらぬ光の色を教えて欲しいと

どんなに求めていても掴めないものならば
流してきた涙はどこへ消えていったのでしょう
あの日と同じままの
誰もいない独りの海

ずっと笑って
いられたら良いな
見えない鎖に今触れる

誰にも会いたくなくて 誰かに会いたい夜
月明かりが水面に揺れてまるでアタシのよう
自分だけに歌うわ
誰もいない独りの海

誰もいない独りの海


ミニ情報
アルバム「誰が為に鐘は鳴る」収録曲
まきちゃんぐ「海月」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
まきちゃんぐの人気曲 この歌手の人気曲一覧

からまる毛糸♪自分にさえ嘘をついてしまった日は
雨と傘と繋いだ手♪愛しい君のもとへ 雨の中を歩く
♪知っていたの 何もかも
レイン♪視界をさえぎる雨音 また今日が来てしまった
愛の雫♪雨に打たれて喜ぶ傘 ため息で曇る窓ガラス
愛と星♪見上げる星にかざした
⑦海月♪ねぇどこまでアタシは泳ぐの
♪そばに居る事だけが優しさじゃないと知った
鋼の心♪吐き出した刃の水溜りに
泣きたい夜に♪今日はもう眠ろうか 何も考えずに

まきちゃんぐの新曲 この歌手の新曲一覧

誰が為に鐘は鳴る♪守りたかったものですら
♪そばに居る事だけが優しさじゃないと知った
♪サヨナラと永遠を繰り返して
ベランダ♪あの日が本当に最後の日なら
海月♪ねぇどこまでアタシは泳ぐの
世界の終わり♪何でも良いよ 願いを言いな
愛しさが止まらない♪今 貴方が隣にいても これから先はわからない
愛と愛の間に♪手繰り寄せたその糸は
満海♪願った分だけ この空は遠くて
貴方のいない部屋に慣れる日が来るまで♪少し腫れた まぶたが重くて

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ