ぬけがら aiko 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

aiko
公式サイト
ぬけがら  ♪  aiko
作詞 : AIKO
作曲 : AIKO

ぬけがらみたいな夏の日 まるであたしいないみたい
あれは憧れだったのか 好きだったのか
白い雲が流れてゆく 赤い夕日が暮れてゆく
空はそれでもいいもんね 少し距離を置こう

遠くから聞こえてきそうだ 笑い声も泣き声も

Oh あたしは元気になって
思わせぶりなフラフラした階段も人混みも楽しく歩くの
Oh 運命の様な約束はもうしたくないな
例えばまた出逢えたら甘ったるく笑った顔見せて

季節の変わる匂いする 寒い朝に思い出す
繰り返し重ねたキスも遙か遠い所

鏡に映る手をつないだ二人はもう雪になる

Oh あれから随分経ったのに胸の片隅に
しがみついたあなたへの想いがまだうっとおしいな
今更どうして離れてしまったんだろうとあたしを何度も振り返らせる
もう同じ時は来ないのにね

遠くから聞こえてきそうだ 笑い声も泣き声も

Oh あたしは元気になって
思わせぶりなフラフラした階段も人混みも楽しく歩くの
Oh 運命の様な約束はもうしたくないな
例えばまた出逢えたら甘ったるく笑った顔見せて


aikoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
aiko「ぬけがら」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ