どうせ、慰時代 - THEラブ人間の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

THEラブ人間
公式サイト
どうせ、慰時代  ♪  THEラブ人間
作詞 : 金田康平
作曲 : 金田康平

かたちのない花を育てるふたり
同棲時代は音もなくはじまるの
それは読みやすい小説みたいに
あっけなく終わっていく
それは特急列車の窓の外の風景

きのう
きみの女と寝たよ
きのう
きみの女を抱いたよ
きのう
きみの女にイヤらしいことさせたよ

ともだちの女と寝たよ

このままじゃいけないと思っているよ
きみはぼくの友達さ
きみはぼくのことを信じていてくれているし
ぼくもきみのことを信じているからね

でもきのう
きみの女と寝たよ
きのう
きみの女を抱いたよ
きのう
きみの女に恥ずかしいことさせたよ

ともだちの女と寝たよ

ふたりの罪をかさねて
女と寝たよ


THEラブ人間の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
どうせ、慰時代/THEラブ人間の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ