君を知ること イカ娘(金元寿子) 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

君を知ること  ♪  イカ娘(金元寿子)
作詞 : アツミサオリ
作曲 : アツミサオリ

かわるがわる鍵を開けてく 何も知らない私の心の
夏の匂いは臆病な気持ち カラリと飛ばして笑っていた

大切だけど 恥ずかしくて背を向けたり
すれ違うたび近づいた 繰り返し 人を知っていく

時を重ねて 君を知ること こんなに嬉しいと思えるから
喧嘩をしても 傷ついても
すぐにお互い許してるんじゃないかな
だけど素直になれないのは 解りあえると信じてるから

じゃれあうような 冗談を言って
君とこうしてる時間が大好きで
何で君はこんな私と 友達なんだろう?なんて思った

そんな寂しいことを 考えてるって君が知ったら
悲しい顔して怒るだろうな 君が友達って奇跡だね

時を重ねて 君を知ること こんなに嬉しいと思えるから
例えば私が責められても 君だけはきっと解ってくれるから
自分に嘘をつかなくても 思うままに進んでいける

今日が明日が 見えなくても
友達でいること それは続いてく
ひとりぼっちの夜の海にも 君の笑ってる声が染み込んでる

時を重ねて 君を知ること こんなに嬉しいと思えるから
喧嘩をしても 傷ついても
すぐにお互い許してるんじゃないかな
だけど素直になれないのは 解りあえると信じてるから


ミニ情報
アニメ「侵略!?イカ娘」エンディングテーマ
イカ娘(金元寿子)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
イカ娘(金元寿子)「君を知ること」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ