淡路の女よ 池田輝郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

池田輝郎
公式サイト
淡路の女よ  ♪  池田輝郎
作詞 : 森田いづみ
作曲 : 水森英夫

風の便りに 背中を押され
越えて来たのさ 明石(あかし)の橋を
揺れる楠(くすのき) 五色(ごしき)の浜に
心がうずく 音がする
馬鹿な男と 微笑(わら)っておくれ
淡路(あわじ)の女(ひと)よ

夢に見るのさ あの日の続き
傘に身を寄せ 生きてく姿
夫婦(めおと)茶碗(ぢゃわん)に 揃(そろ)いの箸(はし)が
朝日の影に 消えてゆく
瞼(まぶた)閉じれば あふれる笑顔
淡路の女よ

潮が絡んで さびつく未練
どこにいるのさ 愛(いと)しいひとよ
長い黒髪 あの泣きぼくろ
も一度君に 逢(あ)えたなら
波の向こうに 浮かんで消える
淡路の女よ


池田輝郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
池田輝郎「淡路の女よ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ