深朝 Base Ball Bear 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Base Ball Bear
公式サイト
深朝  ♪  Base Ball Bear
作詞 : 小出祐介
作曲 : 小出祐介

青暗さに沈む住宅街を歩く ひとり
あたらしく出来た駐車場に流れ着いた
見上げればまだ月と金星の共演は続いてた
吐き出した煙草の煙が漂う
つめたい。

昨日の夜の終わりと今日の朝の狭間で
昨日の僕が死んで、そして今日の僕が生まれる
そんなことを 浮かべながら 歩き出す

学生時代 朝まで君と語り合った あのベンチは
いまでもあの場所に根を張り、変わらずに在る

でも君は語った夢を諦めてしまった
押し寄せた現実が 君の肩に手を置いたんだろう?
だけどまだ 幸せは 逃げないから
あたらしい朝は来るよ 僕らにも


ミニ情報
アルバム「新呼吸」収録曲
Base Ball Bearの新着歌詞を見る⇒
Base Ball Bearの人気歌詞を見る⇒
Base Ball Bear「深朝」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ