星の君 蝶々P feat. 初音ミク 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

星の君  ♪  蝶々P feat. 初音ミク
作詞 : papiyon
作曲 : papiyon

地球で一番綺麗なもの
地球で一番愛しいもの

今ではもう僕の傍を離れてしまったけれど
こんな風に抱きしめていたい

地球で一番近いもの
地球で一番遠いもの

今でもまだ僕の傍で変わらずに残ってる
話すように、詠うように…

例えば明日には消えてしまうとして
何か残せるものはあるだろうか?
手を伸ばしたままで高い空を仰ぐ
夕日が沈むまではここに居ようか

地球で一番眩しいもの
地球で一番優しいもの

今でもまだ色褪せずに輝き続けている
語るように、包むように…

ここから見た海がもし赤いとしたら
僕らのいる世界はあるだろうか?
手を伸ばしたままで高い空を仰ぐ
夕日が沈むまではここに居ようか

君と笑えること、君を愛せること
そのどれもが奇跡と言えるのなら
君との思い出もこれからの未来も
その全ては軌跡と言えるんだ

例えば明日には消えてしまうとして
何か残せるものはあるだろうか?
手を伸ばしたままで高い空を仰ぐ
夕日が沈むまではここに居ようか


ミニ情報
アルバム「Glorious World」収録曲
蝶々P feat. 初音ミクの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
蝶々P feat. 初音ミク「星の君」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ