Philosophy of Precious Love 蝶々P feat. 初音ミク 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Philosophy of Precious Love  ♪  蝶々P feat. 初音ミク
作詞 : papiyon
作曲 : papiyon

俯いたままのキミの唇から
一片の言葉が零れ落ちた

掠れた声で囁くボクの名前
いつからキミはこの場所にいるの?

この世で一番難しいのは
誰かを愛することだろう

何かに縋っていたいだけなら
キミじゃなくてもよかったのに
何故か一緒に生きていたいと思うんだ
ずっと…

偶然か必然かは分からないし
運命とかも信じてないけど

小指に結んだ赤い糸の先に
キミがいたらそれを奇跡と呼ぼう

苦しいだけが恋だとしたら
誰も恋なんてしないでしょう?

いつか離れ離れになるとしても
今、この瞬間が大事
過去でも未来でもなく
目の前のキミが全て

心に写る全ての真実も
ボクの中で笑うキミも
きっとどこかで繋がっている気がするんだ
いつも…

何かに縋っていたいだけなら
キミじゃなくてもよかったのに
でもダメなんだ
ボクには目の前のキミが全て


ミニ情報
アルバム「Glorious World」収録曲
蝶々P feat. 初音ミクの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
蝶々P feat. 初音ミク「Philosophy of Precious Love」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ