水彩画 ほたる日和 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

水彩画  ♪  ほたる日和
作詞 : 早川厚史
作曲 : 早川厚史

今日を色に例えるならば それは何色になるだろう
白い画用紙 目の前にして 辺りを見渡してみる

古い美術室 外の青空 絵を覗き込んでくる君
放課後のいつものざわめき それは何色になるだろう

君はとなりで 邪魔ばかりするから
ほっぺたつねって 変な顔にしてやった

水彩画 君といるこんな日常を
僕なりのタッチで 筆を動かしてゆく
君という色が この日常を染めた
僕とは違う色 それが君だった 僕を変えた

一つ色が足りないだけで この世界は完成しない
薄めたり足したりするけど どんどんと離れてゆく

その調子はずれの口笛も ちょっと切りすぎた前髪も
全部揃ってこの日常が 作られていると思うんだ

吹奏楽部の音が 外から聴こえてくる
上手じゃないけど なぜだろう 心地よくて

水彩画 この世界で本当に良かった
一言で何色と 言える世界じゃないけど
どんな出来事も 僕らが出会うには
必要なことで 無駄なことは一つもない わかるかい

だいたいは 空は青いと勝手に決めつけて
黒板は黒いと 決めつけてかかるけど
僕たちは 互いの色を決めつけないで
僕は君色を 君は僕色を探すんだ

水彩画 君といるこんな日常を
僕なりのタッチで 筆を動かしてゆく
中心は いつだって ありのままの君
たくさん泣いたり たくさん笑ったり ありのままの君

今日を色に例えるならば それは何色になるだろう
目を凝らして見つけよう いらないものは 一つもない


ミニ情報
アルバム「センチメンタルマインド」収録曲
ほたる日和の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ほたる日和「水彩画」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ