浅野内匠頭 - 鏡五郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

浅野内匠頭-鏡五郎
Jword 鏡五郎
公式サイト
浅野内匠頭  ♪  鏡五郎
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 山崎剛昭

叶うものなら もうひと太刀を
斬って捨てたや 吉良殿を
勅使饗応の 大役捨てて
松の廊下を 血で染める
積る恨みの 意趣返(いしゅがえ)し

「重ねて申す 梶川殿 乱心ではござらぬ。吉良殿への積もり重なる遺恨でござる。
浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)も五万石の城主 打ち損じたからには神妙にいたす。
その手放して 衣服の乱れを直す暇(いとま)をお与え下され 梶川殿」

殿と呼ばれた 昨日はいずこ
今日は奈落の 座敷牢
なんであの時 出来ない我慢
捨てて初めて 知らされた
五万余石の 重たさを

「ああ 余はあまりにも愚かであった。 許せよ 赤穂の皆の者…」

風さそう花よりもなお我はまた 春の名残りを如何にとやせん

七日桜と 世間は言うが
わずか一夜(いちや)の 若桜
死出の旅路の 白装束に
代えて覚悟の 目の裏に
浮かぶ赤穂の 天守閣


鏡五郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
おまえの涙
俺は浪花の暴れん坊
花火師かたぎ
日本一じゃ惚れてみろ
鏡川
あじさいの宿
黒髪しぐれ
津軽夫婦節
惚れて道づれ
清水の次郎長
浅野内匠頭/鏡五郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ