その時が来るまで 喜多修平 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

喜多修平
公式サイト
その時が来るまで  ♪  喜多修平
作詞 : こだまさおり
作曲 : 岡本健介

さっきまで隣で笑ってた頬杖の横顔 指のかたち
気配だけが残る部屋で ひとり
いつも通り少し不器用に くれた言葉なぞる
次会うまであと何回 思い出すのだろう

のみ込んだはずの想いが 喉に焼きつく
大切な距離 壊せずに

愛しくて 愛しくて 君だけを求める
このままじゃ永遠に失うのと変わらないのに
苦しくて 切なくて また僕は躊躇(ためら)う
出せるわけもない答を探しては

誰かの存在が見えそうで つい目を逸らしたり
君のせいじゃないことくらい わかっているくせに
目覚めることのない夢ならば “明日”はこの胸にしまったまま
その表情 覚えていたいよ

どんなに近い距離を 君がくれたとしても
とても届きそうもないんだ

今はただ 今はただ この愛の隣で
引き換えに最高の微笑みを重ねていこう
いつの日か いつの日か 別々の道へと
時がふたり分かつ日まで 何度でも

ずっと大切に この想い抱きしめながら
その時が来るまで

愛しくて 愛しくて 君だけを求める
このままじゃ永遠に失うのと変わらないのに
苦しくて 切なくて また僕は躊躇(ためら)う
出せるわけもない答を探しては


ミニ情報
アニメ「世界一初恋2」イメージソング
喜多修平の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
喜多修平「その時が来るまで」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ