帰郷 Suara 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Suara
公式サイト
帰郷  ♪  Suara
作詞 : 未海
作曲 : 光田英生

ふいにほどけた 右のスニーカー
結ぶその姿は 幼き日の僕

白いライン スタートに立ち
見ていた夢(もの)は 何処(どこ)だろう?

いつの間にか大人になった ただ背が伸びただけの子供だ
懐かしい街も景色をかえてく 僕 ひとりをそのまま残して

「走り続けた日々もあったね」と
友と語るは まだまだ後にしよう

どんな事も出来る気がした
あんな強さが欲しいだけさ

そうさ 僕ら大人になった でも自由を持て余す子供だ
色あせた記憶 繰り返す朝も
故郷(ここ)で ずっと そっと待っている

いつの間にか大人になった ただ背が伸びただけの僕でも
ありがとう いつも 勇気の欠片(かけら)を
「また帰るよ」 小さなこの街
思い出だけ そのまま残して


ミニ情報
アルバム「花凛」収録曲
Suaraの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Suara「帰郷」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ