スノーラン Prague 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

スノーラン  ♪  Prague
作詞 : Yuta Suzuki
作曲 : Prague

そっと触れた手に溶ける雪の結晶
高まる僕の体温を冷ましてくれるよ
足跡つけて 君がいる街の方へ

恥ずかしがりな太陽 雲隠れ見てるよ
かぶさる雪のカーテンに差し込む光を
握りしめてギュッと 届けるよもっと 君がいる街の方へ

転がる未来で傷つく程
僕らは世界を救えるかな
街がかじかんで静まるなら
集めた願いを掻き鳴らしに行くんだ

遠い泣き声が夜風を吹かせるよ
スノーラン飛ばされぬように乗り越えて行こうよ
小さな温もりを握りしめてるんだ
この手を風上の方へ

鏡のように映しだすのは 吹雪の中 心細さのよう

恐れてないで目を閉じても
微かな光が隠れてくから
見逃さないでどんな思いでも次の世界へ続くから

真っ白な息を止め 木々の音に耳を澄まして
聞こえる暖かな言葉を届けに行くから

鏡のように映しだすのは吹雪の中 心細さのよう

転がる未来で傷つく程
僕らは世界を救えるかな
街がかじかんで静まるなら
集めた願いを掻き鳴らそう

真っ白な息を止め 木々の音に耳を澄まして
聞こえる暖かな言葉を届けに行くから


ミニ情報
アルバム「明け方のメタファー」収録曲
Pragueの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Prague「スノーラン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ