世界点 - nano.RIPEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

nano.RIPE
公式サイト
世界点  ♪  nano.RIPE
作詞 : きみコ
作曲 : 佐々木淳

掃いて捨てるほどありふれたコトバでも伝えたくて
小さなあたしが埋められる少しの隙間だってあるから

星の数ほどの今を乗せ止まることなく回る世界
遠ざかって振り返ってそれでもまた
忘れてしまうということは進んでいるということかな
削れたって塞ぎ合って笑えるなら

たとえ話がきみと会って本当になった
ココロに触れた

遠回りでも辿り着くならきみが笑うなら
忘れてしまった1秒も無駄ではないでしょう
掃いて捨てるほどありふれたコトバでも伝えたくて
小さなあたしが埋められる少しの隙間だってあるから

この目をこらしても耳を澄ましても
今より向こうには届かないけれど
ココに居るときみが笑い そして ココに居るときみが泣くから
ずっと見てた夢のもっと向こう側へ

いつかそれさえも消えてしまうのならせめて今
この手やこの目やこの声やあたしのすべてで
確かめたくて触れていたくてただココに居たくて
2度とは戻れぬ時だから忘れてゆく今を歌うよ

ずっと


ミニ情報
アルバム「星の夜の脈の音の」収録曲
nano.RIPEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
世界点/nano.RIPEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ