夏の華 - 熊谷育美の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

夏の華-熊谷育美
Jword 熊谷育美
公式サイト

夏の華

 ♪ 

熊谷育美

作詞 : 熊谷育美
作曲 : 熊谷育美

胸を打つ 一瞬で 燃え尽きてしまう
だから 焼き付けて 私の何もかも
余韻が 消えるまで

私は月に満たされて 心が躍るように
でも切なくて 顔を伏せて泣いてた

夜空一面に咲いた けなげな夏の華が
暮れる色を 濁らせながら
あなたを待ってた

灯篭が静けさの 彼方へ消えるまで
何を願えば 水辺に映り 溶けてく、せせらぎへ

私は風に魅せられて 心が弾むように
でも痛いのは 何故か判らないまま

瞬く間に舞い上がり 落ちる光の涙
誇り高き その儚さを
あなたに届けよう

私は月に満たされて 心が躍るように
でも切なくて 顔を伏せて泣いてた

夜空一面に咲いた けなげな夏の華が
暮れる色を 濁らせながら
あなたを待ってた

暮れる色を 濁らせながら
あなたを待ってた


ミニ情報
アルバム「その先の青へ」収録曲
熊谷育美の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夢のつづきを
未来描画<ミライスケッチ>
生きて
旅路
流星
ずっと、あなたと
笑顔
約束
グッド・バイ・マイ・ラブ
どうか、この手に
夏の華/熊谷育美の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ