霧雨頬を濡らして - Angeloの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Angelo
公式サイト
霧雨頬を濡らして  ♪  Angelo
作詞 : キリト
作曲 : キリト

夜に浮かぶ光まで手が届きそうな 痛み忘れた時
吐息に消える言葉は 静寂の海に 揺れては また沈んで

始めから感じていた 壊れそうな愛を
指先も触れないまま 遠ざけていく

今は一つだけ胸に潜ませて 振り払えはしない 影が囁く
迷わずに見つめて たどり着けるまで 蒼く翳り見せたあの月の下(もと)

霧雨頬を濡らして 洗い落とした 温もり知った時
吐息に消える想いは 静寂の海に 流れて 溶けていって

あの時欲しがっていた 不安定な夢は
空白だけを残して 形を変える

今は一つだけ胸に焼き付けて 背に纏ったままの 影が囁く
迷わずに求めて 解り合えるまで 蒼く翳り見せたあの月の下(もと)

優しく包むように 暖かな風が吹き
無数に咲き誇る 白い花 欠片が舞って

目覚めた瞬間、全ては消え去っていく

だから一つだけ胸に刻みつけて 慈しみと共に 決意を抱いて
振り向かず歩いて 力尽きるまで たとえそこに何も無かったとしても

夜に浮かぶ光まで手が届きそうな 痛み忘れた時


ミニ情報
アルバム「BABEL」収録曲
Angeloの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
霧雨頬を濡らして/Angeloの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ